おやつとして選ばれるフィナンシェに

いい材料を使って、とってもリーズナブルに

なないろおやつのフィナンシェ

19世紀にフランスのパリで誕生したフィナンシェは、片手でつまんで食べられるおやつとして人気になっていきました。その手軽さは、今のスマートフォンやリモートワーク・テレワークによるニーズにも、とてもマッチしています。

 

フィナンシェはたいへんシンプルな材料で作られています。それだけに材料の良し悪しが、味や食感に直結します。ブランドや特定産地の名を冠した、とても高価な原材料も世の中にはあります。もちろん、そうした材料で作れば、それだけ美味しいフィナンシェができることでしょう。しかし、それでは手軽に食べられる値段のお菓子にはなりません。

 

なないろおやつのフィナンシェにとって最適な品質の材料は、自ら厳しく選定しています。どれ一つ欠けてもなないろおやつのフィナンシェは作れませんし、他の銘柄では代用がきかない材料もあります。こだわって良い品質の材料を使いますが、でも値が張る最高級の材料はあえて使っておりません。

小麦粉の違い

特別に高価な材料を使わない代わりに、それに劣ることなく、なないろおやつらしい食味を実現するために、複数銘柄の材料を特定の比率でブレンドするなどの工夫をしています。

 たとえば小麦粉。サクサクした食感の表現が得意なクッキー向きの銘柄もあれば、しっとり&ふんわりした特徴を引き出すケーキ向きの銘柄もあれば、もちもちして食べ応えのあるパンケーキ向きの銘柄もあります。こうした種々の特徴を持つ小麦粉を取り寄せて、なないろおやつならではの食感をしっかりと表現できるベストな配合を模索し、妥協することなく試作をずっと繰り返してまいりました。

マドレーヌとフィナンシェの違い

フィナンシェとイメージが近い焼き菓子に、マドレーヌがあります。どちらもフランスのお菓子ですが、洋菓子店の片隅でクッキーなどの焼き菓子とともに置かれていることが多く、ケーキのバイプレーヤーの一つとして、またお菓子作りが趣味の方にはホームメイドのお菓子の一つとして知られています。

 

マドレーヌは、主に小麦粉や卵黄を含む全卵を材料として作られます。これに溶かしバターのやわらかい風味と、すりおろしたレモンの皮の爽やかさが味に華を添えます。冷蔵庫で少し生地を休ませてから焼き上げて、しっとり&ふわふわな食べ応えがある甘い焼き菓子になります。

 

一方でフィナンシェは、卵白やアーモンドパウダーを主原料とし、小麦粉は使われていますがマドレーヌと比べて少量で、食感がたいへん繊細な焼き菓子です。グルテンを出さないようによく注意して、生地をこねない、混ぜ過ぎない、休ませないで焼き上げます。またバターの違いも個性の差となっており、溶かしバターではなく、薫り高い焦がしバターが使われ、焦がし具合によって生地の色合いや風味に違いが出てきます。焼きたては外側は“カリッ”と香ばしく、中は焦がしバターの“じゅわー”ととろけるような柔らかい食感とアーモンドの芳香がたまりません。そんなフィナンシェにはコアなファンがたくさんいらっしゃいます。

「マドレーヌとは違うの?」「マドレーヌはちょっと苦手なの」とおっしゃる方々もおいでになりますが、今ではなないろおやつのフィナンシェのファンになってくださった方々もたくさんいらっしゃいます。

マドレーヌとフィナンシェの違い

とにかくフィナンシェらしいフィナンシェを

なないろおやつらしいフィナンシェ

なないろおやつのフィナンシェは、製造工程で添加物を加えません。残念ながら仕入れた原料の一部にすでに含まれているものはありますが、当店の工程では余計なものは入れません。

 

どうしていろんな味のフィナンシェを作らないの? とのお尋ねをよくいただきます。多彩なラインナップはお客様にとって選ぶ楽しみになり、当店にとっては一つでも多くをお売りするチャンスです。でも、なないろおやつではフィナンシェらしい繊細さを味わっていただきたいから、試作を繰り返す中でこの味付けをしてしまうとフィナンシェらしい食味を損なってしまうと判断したものはあえて商品化しません。妥協しないこと、それが大きな理由です。

現行のラインナップでも、プレーンにはプレーンに、紅茶には紅茶に、チョコレートにはチョコレートに合った生地の状態になるようそれぞれに最適な手順で作り、オーブン内の環境をそれぞれに最適に整えて、ひとつひとつの特徴に合うように焼き上げています。

 

フィナンシェは室内外の温度や湿度の影響を大きく受けます。たとえば雨の日に焼いたフィナンシェと、カラッと晴れた日に焼いたものでは、とても同じフィナンシェとは言えないほどの違いがあります。だから湿気が非常に多い日は焼くこと自体を取りやめることもありますし、焼いたとしても人気の“焼きたて品”としては置いておかず、粗熱がとれたら早々に個包装に密封して品質を護ることを優先します。食品ロスに向き合うことも、菓子店の使命だと強く思っています。

 

なないろおやつのフィナンシェは高さがある深型の天板で焼いた、お得サイズです。洋菓子店の名バイプレーヤーを主役にしたフィナンシェ専門店はまだまだ全国的にも希少で、しかもアツアツの“焼きたて”を販売する店はもっと少ないと思います。わたしたちのこだわりフィナンシェを、お気軽にお手に取って、存分にお召し上がりいただきたいと願っています。伊東で、お客様のお越しをお待ちしております